waka8*stakes

〜馬絵+林檎+Wordpress〜

使うほど楽しいiPhone。使うほどイライラするのがオンボロイド

apple_and_onboloid

なぜ初めからiPhoneにしなかったか

私がスマートフォンに変えた当時(2011年1月)auでiPhoneがつかえなかった。ただそれだけの理由です。元々、機種変更もガラケーで通話機能が使えなくなったからという必用に迫られた理由だったし、せっかくだからこの際前から興味があったスマートフォンにしよう、そう考えたんです。

実際、auスマートフォンはIS03しか置いてなかったので後に糞端末と呼ばれるそれを買うことにしたのでした。

初めは楽しかったAndroid端末も…

もうガラケーに戻れない

買った当時はそらもう楽しかったです。今ではイラつくカクカク動作すら気にならなかったです。Androidマーケットでいろんなアプリ見たり気に入ったら落としたりして趣味のスマホを楽しんでました。しだいに欲が出て、せっかく指で操作するんやからガラケーではできない直感的なお絵描きとかできんもんかな〜と探し、Sketchbook Mobileでよく絵を描いたりもしました。

だんだんAndroidの嫌な部分が見えてきた

しかし、メール受信の度に操作がカクカクして止まってしまう事が多々ありました。使いたいアプリはほぼiPhoneOnlyだったり、あったとしてもOSが対応しているのに自分の端末で使えなかったり、たかがスクリーンショットを撮るのに手間隙が必要だったり…。(AndroidOSに関係ないメーカー等が入れた)標準で入っている大量の不要なアプリを消す事が出来ないし、本体容量が1GBもない上にそれらが容量を圧迫してるのであまりアプリ入れられないし、ダウンロードしたアプリをSDに移したとしても起動も動作も遅くだんだんAndroidに嫌気がさしていました。

もう次の選択肢にAndroidは無い

そして一昨年、4S発売からauでもiPhoneが使える様になり、次はiPhoneしかないと強く心に決めていたのです。iPhoneを手に入れるまでは我慢してAndroid端末を使ってる気持ちが有りました。

ますますiPhoneに気持ちが向いたのはInstagramを始めたのもあります。昨春やっとAndroidでもたのしめるようになったInstagramを始めたら、真似したくなる加工…iPhoneOnlyの楽しそうなアプリで加工された写真や美しい写真を見て指咥えてましたw。GooglePlayには自撮り大好きリア充向けのデコ(笑)系アプリはたくさんあるけどMarbleCamやFotoRusやTinyPlanetやKaleidaCamのようなアプリは皆無で、欲しいものがAndroid版の方がiOS版より高いものも。因みにJellybusが売ってるアプリはAndroid向けはiOS版の倍の値段だったと思います。

スマートじゃないAndroidスマホの設定

  • ウィジェットは時計と設定オンオフぐらい
  • ライブ壁紙は使わない
  • GPS:ラジコとマップ以外切
  • Wi-Fi:基本切
  • アカウントと同期:切
  • バックグラウンド通知:GooglePlayでアプリ落とす時以外切

あれ?Androidならではの便利な機能殺しちゃってる(笑)

仕事前などスマートフォンを触らない時にはタスクマネージャーで要らないプロセスを切り、上記全部切ってもバッテリーがみるみる減るのがAndroid。4時間弱のパートが終わったら20%〜30%バッテリー残量が減ってました。切ってもすぐ復活するゾンビのようなアプリがわらわらありますから(笑) これが使わないのにメーカーが勝手に入れた、AndroidOS以外のアンインストール出来ないプリインストールだと目も当てられない…。そういうのに限って常に居座ってたりします。iPhoneでも該当するものは殆どオフにしてますがそないに減りません。4時間弱なら多くてせいぜい10%前後です。

縦長の壁紙を設定するのもひと苦労

自作の縦長の壁紙をAndroidスマフォに設定しようとしたら無理矢理横長に指定されて切り取られて画像がガビガビになってしまったという経験が有ると思います。なんでこうなるのかわからなかったので調べて
みたらAndroidの壁紙ホーム画面をスクロールさせると壁紙も一緒に動くから[横のドット数の2倍]×[縦のドット数]のサイズな横長の壁紙を使うのが標準なのです。Android壁紙配布サイトではパソコン同様に横長の壁紙を取り扱ってるのです。

縦長の壁紙をそのまま使う為にCrop Wallpaperで縦長の画像を開き、「全体」を選んで壁紙に設定し、ホームアプリはADW Launcherなど設定で壁紙をスクロールさせないようにしてました。iPhoneどころかパソコンやガラケーでもサイズ通りの壁紙を用意してせっていすればそのまま表示されるのに、Androidは壁紙一つ設定するのも分かりづらかったです。

ホーム画面もアプリを入れて自分が使いやすい様にカスタマイズが必要です。ホーム弄りにも一時期凝ってましたがバッテリーがどんどん減ります。ドロワとよばれるアプリ一覧画面も数字アルファベット五十音順に強制的に並べられるのでショートカットをホームに置くまでもない、たまに使うアプリを開く時にアクセスしづらかったものです。

でもiPhoneならすべて解決!?

少し固まる事もありますがお絵描きもスイスイ楽しめます。勿論アプリも充実。私はAndroidでお世話になったSketchbookMobileよりもBrushes3を多く使ってます。

キャリアメールを受信する度にカクカクしないのが快適です。auならガラケーでもAndroid端末でもメール受信で端末の操作が固まってしまいますがiPhoneならこの「メールカクカク」(笑)とは無縁です。

画像加工、編集系のアプリが豊富なので、Instagramなどで見かけた楽しそうなアプリも体験できます。MarbleCam、Snapseed、FotoRus、KaleidaCam、TinyPlanet、プロカメラ、HDR FX、Camera AwesomeなどiPhoneOnlyのアプリを満喫してます。

壁紙も4/4Sなら640*980、5なら640*1136と指定のサイズを用意したら、設定で壁紙指定するだけでいいんです。パソコンやガラケーと同じです。そしてiPhoneならロック画面にも違う壁紙選べますし。

iPhone使うならパソコンが必要なんてのは昔の話、対応したiTunesがあれば更に使いこなせますがなくても使えます。OSのアップデートもiCloudもWifiに繋がってればiTunesなくても使えます。私はマカーなのに古過ぎてiPhone繋げられないけど外の誰でも使えるWifiでアップデートなどしてます。

もし誰かにお勧めのスマートフォンを聞かれたら、よっぽどパソコンに詳しくて、スマートフォンをパソコンの様に使いたい人以外には間違いなくiPhoneを勧めるつもりです。上級者から初心者まで手にしたそのときから特に何も弄らずに快適に使えるのですから。