waka8*stakes

〜馬絵+林檎+Wordpress〜

ローカル環境のWordPressにログインできなくなったときにやること

wp-admin

ローカルにインストールしたWordpressにログインできなくなってしまいました。本番環境と同じにしてたと思い込み、本番環境と同じユーザー名とパスワードを入れたらフォームがブルブル(WordPressでログインの際、ユーザー名かパスワードが間違っていた時の動作)してしまいました。パスワードを忘れてしまったので、『パスワードを忘れた時のリンク』に従ってメールアドレスを入れたのですがローカル環境から送信できないのかメールが届きません。

WordPressパスワードがありそうな箇所を探してみる事にしました。wp-config.phpにはデータベースの情報しか載ってなく…

そっか!データベースや!と思い出したようにPHPMyAdminにアクセスしてユーザーの情報がある箇所にアクセスしてみました。やっぱりあった!パスワード。しかしなんか暗号化されてて普通なら解読もできません。仕方がないので暗号化されたパスワードをコピペしてログインを試みるも…。やっぱりフォームのブルブルがとまりません。Google先生に聞くしかありません。

ユーザーの情報はここにある

PHPMyAdminからユーザー情報にアクセスするには以下のリンクを順にたどっていきます。

左フレームの『Wordpressのデータベース名』 > 右フレームの表の『wp_users』

WordPressのデータベース名と接頭辞『wp_』はwp-config.phpで指定しているもので人によって違います。

表示されているuser_loginがユーザー名、user_passがパスワードになります。

データベース名はwp-config.phpの24行目で設定してます。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress');

右の’ ‘内がデータベース名。上記の例なら wordpress がデータベース名です。

接頭辞はwp-config.phpの67行目で設定してます。

/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = 'wp_';

‘ ‘内の文字列、上記の例ならWordpressのデータベース内のテーブルの名前 wp_xxxxx になっています。

この画面でも値をダブルクリックして編集できますが、絶対ここでやらないでください。暗号化されなくなります。

PHPMyAdminでwp_users を表示

PHPMyAdminで wp_users を表示

PHPMyAdminでパスワードを書き換える

上記の通りPHPMyAdminでデータベースにアクセスして、user_passの値を書き換えたらパスワードが更新されて、それをユーザー名とともにログイン画面に入力して送信したら無事にログインできました。

注意点

表示されたuser_passの値をダブルクリックしてその場で書き換えてはいけません。必ず『編集』をクリックしてフォームから書き換えます。[実行]をクリックして保存する前に『関数』の項目でMD5を選択しておきましょう。

パスワードの変更は編集をクリックしてこのページで

パスワードの変更は編集をクリックしてこのページで

[参考ページ]